手数料が安いかどうか

販売所ではそれぞれが手数料を設定

仮想通貨のメリットとして、支払手数料がかからなかったり少なくなるなどがあります。この時の手数料はあくまでも仮想通貨のみで支払いを完結するときになります。自分自身が仮想通貨を持っていて、支払い相手も仮想通貨での支払いに応じてくれる時、ほとんど手数料はかかりません。一方、日本円を仮想通貨にしようとするとき、取引所や販売所を利用します。この取引は仮想通貨のみではないので、一定の手数料がかかります。多くの業者がありますが、各社で異なる手数料を設定しているため、利用する時には比較をした方がいいでしょう。仮想通貨ごとに異なるため、自分が良く使う仮想通貨の手数料が最も安くなる取引所や販売所を選んだ方がいいかもしれません。

日本円のやり取りをする手数料

仮想通貨は、どの国にも属さない価値になります。各国の通貨を持っている人はが仮想通貨を使いたいとき、まずは自国の通貨を仮想通貨に交換しなくてはいけません。取引所や販売所で交換が可能で、口座を作ればそちらに現金を送金したり、逆に返金してもらったりができます。仮想通貨との交換前に現金のやり取りが必要になりますが、その時に手数料がかかるときがあります。一般的に銀行の振込サービスなどを利用するので、取引所や販売所が用意している銀行がどこになるかで違いが出そうです。都市銀行となると、少し高めになるかもしれません。ネット銀行で送金や返金ができるところは、安い設定や無料の所もあります。できれば無料の所を選んだ方がいいでしょう。